悠終の快適生活@サ高住

アクセスカウンタ

zoom RSS 自分の生きた時代を伝えること

<<   作成日時 : 2018/11/28 23:24   >>

トラックバック 0 / コメント 0

私の人生60年
半分は昭和、半分は平成

先日、昭和10〜20年ころを題材とした小説を読みました。

祖母、両親からいろいろな話を聞いていましたが、
1940年(昭和15年)は紀元2600年という記念すべき年だったようで、
その年に

東京オリンピック、札幌オリンピック、大阪万国博の
開催が決まっていたという事実を知りませんでした

結局は第2次世界大戦に向かっていく世界的情勢で
中止になったため、3つとも開催されなかったそうです

そんなこと初耳でした。

道理で東京オリンピック、札幌オリンピック、大阪万国博の
3点セットにこだわった1964年からの日本人の情熱の種があったわけなんですね。

そうしたことは意外と知りません。

その当時生きていた人にとっては伝えるべきことでは
ないのかもしれませんが、

そうしたことを含めて、私の生きた時代の
いろいろなことを下の世代に伝えたいと思っています。

改めて自分の生きた時代を調べてみて
社会的事実と自分の記憶を合わせて
見たら面白いのではないかと思います。

来年は取り組んでみたいです。

月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自分の生きた時代を伝えること 悠終の快適生活@サ高住/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる