悠終の快適生活@サ高住

アクセスカウンタ

zoom RSS 1962年(昭和37年)1 新築の我が家について

<<   作成日時 : 2019/01/21 20:24   >>

トラックバック 0 / コメント 0

1月〜6月

☆アメリカ合衆国海軍、ベトナム戦争におけるベトコン対策の一環として、特殊部隊Navy SEALsを結成
☆キューバとソビエト連邦の間で貿易協定発効
☆中国共産党「七千人大会」が開会、毛沢東党主席が大躍進政策の失敗を認め自己批判する
☆東ドイツ政府、徴兵制度を復活
☆米ケネディ大統領、キューバへの全面禁輸を指令
☆ベルリンで、U-2撃墜事件でソ連に拘留されていたアメリカの軍人フランシス・ゲーリー・パワーズと、アメリカで
  収監されていたソ連のスパイルドルフ・アベルが交換によりそれぞれ釈放される
☆ソ連・チェコ間パイプライン完成
☆ビルマで軍事クーデター発生、ネ・ウィンが実権掌握
☆エヴィアン協定締結。翌日をもってアルジェリア戦争停戦
☆イギリス政府、イギリス連邦移民法から、加盟各国市民のイギリスへの移民の自由を記した条項を削除

1960年代、国際的にいろいろな動きがあったことを物語っている内容ではないでしょうか?

☆ アメリカ合衆国最高裁判所、それまで公立学校で必ず行われていた始業前の「祈り」が憲法違反であるとの
  判決を下す
☆アメリカ合衆国・カリフォルニア州サンフランシスコにあるアルカトラズ島の刑務所から3人の受刑者が脱走。
  同刑務所から受刑者が脱走した唯一の事件。但し脱走者3名の行方及び生死は不明

アメリカでは始業前に祈りが行われていたのですね。
そして、絶対脱走できないと言われていた刑務所からの脱走が実際に起きたのですね。

☆東京都の常住人口が1000万人を突破(世界初の1000万都市に)
☆日本のテレビ受信契約者が1000万突破(普及率48.5%)
☆ジャニーズ事務所創業

一方で日本が復興し、発展の兆しがみられることもありますね。

前年の12月に新居が完成した我が家ですが、
その新居にまつわる話がいくつかあります。

@祖母の部屋から見える景色は松の木が数本生えている空き地の景色。
  それを見た3歳の私は「温泉に来たみたい」と発言。
A今から、57年前の我が家には父が考えて、ある会社に相談し、取り付けていた
 インターホンについていたのは「オートロック」のシステムでした。
 当時の分譲地は道路から高い位置に住宅を建てるように作られていたので、
 他のお宅は 外階段で上ったところに玄関がありました。
 我が家は玄関が道路の高さにあり、玄関を入ると階段になっていて、
 その階段を上がると部屋に入れるようになっていました。
 そのため玄関のブザーを押すと、上の部屋の中のインターホンで応答し、
 あけていい人にはボタンを押すと下にある玄関のキーがオートロックで
 「ガチャ」という音とともに開いて、玄関に入れるようになっていました。
 家の人は鍵を開けるために下に降りて行く必要がなく、
 玄関を入ってきた人に間に合うように下に降りていくか
 上から「どうぞお入りください」と言ってお客様は下で靴を脱いで、
 階段を上がってくるというスタイルでした。

 当時訪ねてきた人がとても驚いて「すごいですね!」と
 言いましたが、当時の私には何がすごいのか理解できていませんでした。

 今にして思うと当時としては本当に驚くべきシステムを導入していたのだとわかります。

B当時山の上の家までの坂道には街灯がなく、夜帰宅する人は
 坂の下でバスを降りると、持って行った懐中電灯で道を照らしながら帰っていました。







月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
1962年(昭和37年)1 新築の我が家について 悠終の快適生活@サ高住/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる